本文へ移動

マイホームができるまで

〜遣り方〜やりかた

基礎工事の前に、施工する建物の性格な位置を決めます。
石材を敷き、捨てコンをします。
これは型枠・鉄筋の受け台となります。

〜基礎工事〜

鉄筋を格子型に組んでいきます。
全て組み終わった後、第3者会社による「配筋検査」を行います。
設計図面と一致しているかなどを、現地で確認していきます。


配筋検査が終わると、コンクリートを流し込んでいきます。
鉄筋の間にも入り込むように、空気を抜きながら均一にしていきます。

〜土台工事〜

土台を敷き、金物を使いながらしっかりと固定していきます。
その後、床下の断熱材を敷き込んでいきます。
基礎と土台の間に「基礎パッキン」と言うゴム製部品をはさみます。
これは床下の通気・換気をする為のもの。
一昔前は、基礎部分に長方形の穴をあけていましたが、強度面からも今では基礎パッキンが当たり前になりました。

〜建て方〜

在来工法(軸組構造)と異なり、柱(軸)がない状態で組んでいきます。
また、在来工法に比べて上棟までが早いのが特徴です。
ツーバイフォー(枠組壁工法)は壁・床・天井と全体で建物を支えている為、在来工法より、耐震性に優れていると言われています。

〜上棟・躯体検査〜

屋根の防水処理が終わり、上棟までくると建物全体造が見えてきます。
ここで、第3者会社による「躯体検査」を行います。
構造強度や耐久性・金物・屋根防水など、図面を見ながら隅々までチェックしていきます。
在来工法の場合「棟」があるので、上棟式を行うのが一般的ですが、ツーバイフォー工法では「棟」がありません。
最近では、上棟式をしない場合も増えています。
当社では、お客様のご要望により、決めさせていただいております。

〜外壁工事〜

ここからは、外壁工事に入っていきます。
屋根と同じように、外壁にも防水シートを貼っていきます。
その後、外壁材を貼っていきます。
ここまでくると、全体のデザインイメージもはっきりしてきます。

〜断熱工事〜

次は断熱工事。
グラスウールと呼ばれるスポンジのような素材を全体に敷き詰めていきます。
実際には、グラスウールは細かいガラス繊維で出来ています。
こちらは、発砲ウレタンの吹付けの様子です。

〜内装・設備工事〜

内装は石膏ボードを壁に貼り、クロスで仕上げていきます。
その他、建具等も設置していきます。
キッチンや洗面化粧台なども入れていきます。

〜完成・引渡し〜

完成後、最終検査とクリーニングを行います。
外構工事は引渡し後に行う場合があります。
引渡しとなります✩
左に写っているのが当社の社長ですo(^▽^)o

有限会社東北アートホーム
〒020-0136
岩手県盛岡市北天昌寺町21-12
TEL.019-646-3299
FAX.019-646-3291


【住宅建設業】
・新築工事(木造在来工法・2×4工法)
・リフォーム工事 
 (増築工事・改装工事・改修工事)
【外構工事】
・カーポート、テラス設置
・門扉フェンス工事、土留工事
・インターロッキング、
・アスファルト舗装工事

TOPへ戻る